• 本

カザフ刺繍 中央アジア・遊牧民の手仕事 伝統の文様と作り方

出版社名 誠文堂新光社
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-416-51955-4
4-416-51955-9
税込価格 1,980円
頁数・縦 127P 25cm

商品内容

目次

1 カザフ人の装飾文化と刺繍(遊牧民族カザフ
カザフの遊牧文化 ほか)
2 カザフの伝統文様(縁に施す装飾模様
角の形状を用いた縁に施す装飾模様 ほか)
3 華麗なるトゥス・キーズの世界(カブディル・アイナグルの刺繍世界)
4 身近な服や小物に取り入れて(バッグ 花と葉の模様
ブラウス 花と葉の模様 ほか)

おすすめコメント

中央アジアの遊牧民「カザフ」の伝統刺繍の、世界初となる図案付き技法書。シンプルな技法ながら大胆で色鮮やかなデザインが特長。

著者紹介

廣田 千恵子 (ヒロタ チエコ)  
1988年生まれ。東京外国語大学モンゴル語科在籍中にモンゴル国に語学留学し、カザフ刺繍に出合う。その後、さらに2年間モンゴル国西部バヤン・ウルギー県にてカザフ人家庭に居候しながら、カザフの文様と装飾技法について学ぶ。2014年よりカザフ刺繍ワークショップや展覧会を全国各地で不定期に開催。2018年に師匠であるカブディル・アイナグル氏を日本に招聘するプロジェクトを行うなど、様々な形でカザフ文化の魅力を紹介する活動を継続している。NPO法人しゃがぁ専従スタッフを経て、現在は千葉大学大学院博士後期課程在籍中。日本学術振興会特別研究員DC2。「カザフ情報局KECTE」を通じて、カザフ文化に関する情報の発信を行う
アイナグル,カブディル (アイナグル,カブディル)  
1963年、モンゴル国バヤン・ウルギー県ウルギー市生まれ。名前の意味は「鏡(アイナ)の花(グル)」。幼少の頃からカザフのかぎ針刺繍技法に興味を持ち、練習を重ねる。モスクワのデザイン学校に3年間留学し、帰国後に結婚。その後は劇場の衣装制作や専門学校での縫製の講師などを経て、1996年にウルギー市初のカザフ刺繍の専門店を開業した。現在は自宅にて制作活動を続けつつ、若い世代への指導なども行っている。布の上に文様を描くことなく、自由自在に刺繍することができる稀有な存在。2018年1月に日本に初来日し、全国7か所でカザフ刺繍ワークショップを開催。日本向けの商品の制作、販売も行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)