• 本

地図で読み解く日本統治下の台湾

出版社名 創元社
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-422-20273-0
4-422-20273-1
税込価格 5,400円
頁数・縦 213P 26cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

歴史地図を掘り起こし、大日本帝国の台湾統治の実態を探る。詳細な市街図をはじめ、山岳民族の村々や行政区画、鉄道や道路・航路などのインフラ、製糖や樟脳の産業用地など、さまざまな地図を18のテーマに沿って考察。資料的価値の高い180点以上の地図・図版を収録!

目次

日本統治時代の台湾地図を探して
台湾平定篇 台湾の農村所在地と日清戦争の地図
理蕃政策篇 地図の上の先住民
行政区画篇 壮大な「大日本帝国台湾島予察地形図」
都市計画篇 イデオロギーが主導した都市計画
市街篇 西門町の「裏町人生」
海運篇 二社競争下の日台命令航路
築港篇 マングローブの干潟から南進基地の大本営へ
鉄道篇 南北縦貫線が作った台湾人
道路篇 台湾人の手で切り拓いた南北縦貫道路
水利篇―幸福なのは農民か地主か
樟脳篇 台湾の樟脳―樟脳は血の代償
砂糖篇 日本統治時代の台湾糖業地図に変化なし
民族篇 台湾の客家は人口の何%か
移民篇 日本人農業移民の大本営・花蓮
中国篇 国民党政府は日本統治下の台湾全図を出版したか
鳥瞰図篇 鳥瞰図は絵か、地図か
空襲篇 無差別爆撃に遭った台湾
戦後篇 陳儀は親日派だったか
大日本帝国地図最後の一ピース

著者紹介

陸 傳傑 (リク デンケツ)  
台湾の地名学や歴史地図を研究する編集者。地理雑誌『大地』編集長。著書に『稗海紀遊新注』(2002年中華民国文化部の金鼎賞(図書部門総合)受賞)、『南管賞析入門』(1995年金鼎賞(音声出版類)受賞)、1992年金鼎賞雑誌編集賞受賞、『図書台湾地名故事』(2013年読書年良書賞受賞)など
河本 尚枝 (カワモト ナオエ)  
広島大学総合科学研究科准教授。1989年、大阪外国語大学中国語学科卒業。台湾、日本での日本語教師を経て、2000年、龍谷大学経済学研究科民際学コース修了。2005年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)