• 本

小泉武夫の味覚極楽舌ったけ

出版社名 東京堂出版
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-490-21016-3
4-490-21016-7
税込価格 1,980円
頁数・縦 298P 19cm

商品内容

要旨

涎の大洪水!失神寸前の美味!ヌラヌラコリコリトロトロ食感の大競演!「筆舌に尽くしがたい」美味しさを独自の「小泉造語」でリアルに書き綴る大人気・極上の食エッセイ。

目次

ピュルルピュルル涎大洪水の美味
失神寸前美味の絶頂
目に眩しき極彩味覚の世界
懐かしい思い出をパクリンコ
熱さハフハフの極上食
超特急のぞみ号胃袋にまっしぐら
季節を丸ごとガブリンコ
大脳味覚受容器が振り切れるうまさ
味覚極楽よよいのよい
素晴らしきかな食感の大競演
頬っぺた落としの味
コピリンコ・ムシャリンコ至福の反復

著者紹介

小泉 武夫 (コイズミ タケオ)  
1943年、福島県の酒造家に生まれる。東京農業大学名誉教授。農学博士。専門は食文化論、発酵学、醸造学。現在、鹿児島大学、琉球大学、石川県立大学、福島大学などで客員教授を務める。NPO法人発酵文化推進機構理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)