• 本

事実はなぜ人の意見を変えられないのか 説得力と影響力の科学

出版社名 白揚社
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-8269-0213-7
4-8269-0213-1
税込価格 2,750円
頁数・縦 285P 20cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

ビジネスでもプライベートでも、人が思うように動いてもらえなかったり、なかなか考えを変えてくれなかったりしたことは誰しもあるだろう。一方、常にプレゼンや演説などで人の心を動かし、行動を変えるのに成功する人たちもいる。彼らは無意識にせよ何かしら他者に影響を与えるコツを知っているはずだ。「タイムズ」「フォーブス」など多数のメディアで年間ベストブックにノミネートされた本書では、「客観的な事実や数字は他人の考えを変える武器にはならない」など、近年の認知神経科学での研究結果を示しつつ、他人を説得しようとするときに私たちが陥りがちな罠とそれを避ける方法を紹介。たとえば情報が豊富に手に入る現代では自分の意見を補強する情報がいくらでも手に入るため、客観的事実やデータよりも、感情に訴えるほうが相手を説得するのに有効なのだという。著者はユニバーシティ・カレッジ・ロンドン教授、同大学「アフェクティブ・ブレイン・ラボ」所長で認知神経科学を専門とする。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2019年10月18日]

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

人はいかにして他人に影響を与え、他人から影響を受けているのか。名門大学の認知神経科学者が教える、とっておきの“人の動かし方”。タイムズ、フォーブスほか、多数のメディアで年間ベストブックにノミネート。イギリス心理学会賞受賞。

目次

はじめに―馬用の巨大注射針
1 事実で人を説得できるか?(事前の信念)
2 ルナティックな計画を承認させるには?(感情)
3 快楽で動かし、恐怖で凍りつかせる(インセンティブ)
4 権限を与えて人を動かす(主体性)
5 相手が本当に知りたがっていること(好奇心)
6 ストレスは判断にどんな影響を与えるか?(心の状態)
7 赤ちゃんはスマホがお好き(他人その1)
8 「みんなの意見」は本当にすごい?(他人その2)
9 影響力の未来

著者紹介

シャーロット,ターリ (シャーロット,ターリ)   Sharot,Tali
ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン教授(認知神経科学)、同大学「アフェクティブ・ブレイン・ラボ」所長。意思決定、感情、影響の研究に関する論文を、ネイチャー、サイエンス、ネイチャー・ニューロサイエンス、サイコロジカル・サイエンスなど多数の学術誌に発表。神経科学者になる前は金融業界で数年間働き、イスラエル空軍で兵役も務めた。現在は、夫と子供たちとともにロンドンとボストンを行き来する生活を送っている
上原 直子 (ウエハラ ナオコ)  
翻訳家。桐朋学園芸術短期大学演劇専攻を卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)