• 本

ハラスメント事件の基本と実務 モデルストーリーとその実務、書式と裁判例

明日、相談を受けても大丈夫!

出版社名 日本加除出版
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-8178-4571-9
4-8178-4571-6
税込価格 3,190円
頁数・縦 269P 21cm

商品内容

要旨

セクハラ・パワハラ・マタハラ3つのモデルストーリーから、事件解決の流れを理解し、何を準備すべきかがわかる。所属先企業の法的責任が厳しく問われる今、総務・窓口担当者も必携の1冊。行為態様で慰謝料額等が一目でわかる、159のハラスメント裁判例一覧つき。

目次

第1章 ハラスメント事件の概要(モデルストーリー)(モデルストーリー1(セクハラ事案)
モデルストーリー2(パワハラ事案) ほか)
第2章 ハラスメントの基礎知識(代表的なハラスメント
その他のハラスメント)
第3章 実務 受任からの流れ(相談、交渉、訴訟等)(ハラスメントにおける関係者の法律関係と法的手続
被害者側 ほか)
第4章 関連書式(通知書(被害者から行為者に宛てたもの)
通知書(被害者から会社に宛てたもの) ほか)
第5章 裁判例一覧(性行為・身体接触のないもの
身体接触 ほか)
巻末資料

著者紹介

横山 佳枝 (ヨコヤマ ヨシエ)  
原後綜合法律事務所(第二東京弁護士会)。2001年名古屋大学法学部卒業。2004年弁護士登録。2014年ニューヨーク州弁護士登録。東京都労働局紛争調整委員会委員。第二東京弁護士会両性の平等に関する委員会所属
倉田 梨恵 (クラタ リエ)  
原後綜合法律事務所(第二東京弁護士会)。2003年早稲田大学法学部卒業。2009年弁護士登録(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)