• 本

丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。 5

角川文庫 た81−5

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-04-108052-8
4-04-108052-5
税込価格 670円
頁数・縦 285P 15cm
シリーズ名 丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

丸の内の巨大企業「吉原不動産」。突如、後継者候補に名乗りをあげたのは、幽霊物件再生部署、第六物件管理部部長の長崎次郎。実は御曹司であるものの、姓を変え、吉原家と距離を置いてきた彼がなぜ?部下の澪は混乱するが、先輩の高木が、「次郎は呪いの標的になろうとしているのでは」と言い出す。その呪いとは、吉原家の男性後継者は早死にする、というもの。たまらず、澪と高木は調査を開始するが…。予測不可能な第5弾!

おすすめコメント

突如、吉原不動産の後継者に名乗りを上げた部長の次郎。そのとき澪は!?心霊物件再生部署、第六物件管理部。部長の長崎次郎が、吉原不動産の後継者に突如名乗りを上げた。彼の翻意に戸惑う部下の澪だけど……。第六物件管理部はどうなる!? クライマックス!

著者紹介

竹村 優希 (タケムラ ユキ)  
山口県出身。小説投稿サイトから人気に火が付き、現在もエブリスタにて作品を連載中。2011年『シミ。〜純愛、浮気、未練、傷跡〜』(宝島社)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)