• 本

惑星たち

出版社名 書肆侃侃房
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-86385-371-3
4-86385-371-8
税込価格 1,620円
頁数・縦 356P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

東京で、長崎で、この惑星で、愛を求めて男女二人の魂が邂逅する。双子の弟を亡くし、一人の身体で二人分の命を生きる理咲、死者の魂を癒しながら、母を求め、父への復讐を果たそうとする陸、宇宙の端っこで惑う星たちの数奇な運命の物語。

おすすめコメント

ここにあるのは、光を求める作者の、純粋な魂の願い――中村文則『パーフェクト・レボリューション』の映画監督、初の長編小説で鮮烈デビュー。【あらすじ】東京で、長崎で、この惑星で、愛を求めて男女二人の魂が邂逅する双子の弟を亡くし、一人の身体で二人分の命を生きる理咲 死者の魂を癒しながら、母を求め、父への復讐を果たそうとする陸 宇宙の端っこで惑う星たちの数奇な運命の物語

著者紹介

松本 准平 (マツモト ジュンペイ)  
1984年、長崎県生まれ。東京大学工学部建築学科卒業、同大学院建築学専攻修了。吉本総合芸能学院(NSC)東京校12期生。カトリックの家庭に生まれ、幼少期からキリスト教の影響を強く受ける。2012年、劇場デビュー作となる『まだ、人間』を発表。2014年、商業映画デビュー作として、芥川賞作家・中村文則の原作を映像化した『最後の命』(主演:柳楽優弥)を発表。NYチェルシー映画祭でグランプリノミネーションと最優秀脚本賞をW受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)