• 本

生物の中の悪魔 「情報」で生命の謎を解く

出版社名 SBクリエイティブ
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-8156-0159-1
4-8156-0159-3
税込価格 2,640円
頁数・縦 316P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

本書は、著名な物理学者である著者が、「情報」という概念をベースに、情報と物理法則との関係、生命の誕生と進化、意識の発生といった話題を、最新の研究成果とエピソードを通して紹介し、生命の秘密を解き明かす科学読み物です。20世紀半ば以降に急速に発達した情報理論とコンピュータ科学、量子力学を活用して生命の本質に迫ります。近年大きな注目を浴びている「量子生物学」の分野で解明されつつある、生命の謎に関する発見についても解説しています。物理学や生物学はもちろん、科学一般に関心をもつすべての読者に最良の一冊です。

目次

第1章 生命とは何か
第2章 悪魔の登場
第3章 生命のロジック
第4章 進化論二・〇
第5章 不気味な生命と量子の悪魔
第6章 ほぼ奇跡
第7章 機械の中の幽霊

おすすめコメント

生命の秘密に挑むスリリングな科学読み物本書は、著名な物理学者である著者が、最新科学の成果を「情報」という概念から捉えなおして、生命の秘密を解き明かす、スリリングな科学読み物です。著者は冒頭に次の問いを投げかけます。  ・いったい何が、生物と他の物理的システムとの違いを決定し、、生物を特別な存在にする「活力」というものを与えるのか? ・そもそも、「生命」というのは、どこから来たのか? この問いは、20世紀半ばに「生命現象を物理法則で解明できるか」という問題提起をしたノーベル賞物理学者シュレーディンガーを嚆矢に、多くの科学者が研究を重ねましたが、未だに決定的な成果を上げることはできていません。しかし今日、その答えはすぐ間近にあると著者は説きます。その答えを導き出きつつあるのは、コンピュータ科学、化学、量子力学、そしてナノテクノロジーなどの分野が重なるところにあります。 そして、これら様々な分野をつなぐキーが「インフォメーション(情報)」です。 本書は、「情報」という概念をキーワードに、情報と物理現象との関係、情報に基づく進化・個体発生、意識の発生といった話題を、さまざまな研究成果とエピソードを通して紹介し、「生命の秘密」を解明しようとするものです。特に、本書のメインというべき4章と5章では、20世紀半ば以降に急速に発達した、コンピュータ科学と量子力学を通して、生物の細胞や進化、そして多細胞生物の宿命ともいえる癌細胞の発生の過程を説き明かしていきます。さらに、近年大きな注目を浴びている「量子生物学」の分野で解明されつつある、生命の謎に関する発見を解説します。最新科学の動向、特に生命の謎について関心をもっている一般読者に、スリリングな感動を与える最良の科学読み物であり、2015年刊行の大ロングセラー『量子力学で生命の謎を解く』に続くヒットが期待される一冊です。

著者紹介

デイヴィス,ポール (デイヴィス,ポール)   Davies,Paul
物理学者。米アリゾナ州立大学教授、BEYOND科学基礎概念センター所長。30冊以上の著書があり、テンプルトン賞、英国王立協会ファラデー賞をはじめとして多くの賞を受賞している
水谷 淳 (ミズタニ ジュン)  
翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)