• 本

社会保障再考 〈地域〉で支える

岩波新書 新赤版 1796

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-00-431796-8
4-00-431796-7
税込価格 902円
頁数・縦 224P 18cm

商品内容

要旨

社会保障の真のあり方を再考し、今後、持続可能にするには?社会的に孤立したり、生活に困窮している人への各地での「相談支援」が、新たな可能性を育んでいる。それらを明らかにし、法律や社会保障制度のなかに位置づけながら、その先にある新たな“地域”づくりにも注目する。未来への希望が見えてくる本。

目次

第1章 持続がむずかしい社会保障
第2章 何のための社会保障か
第3章 何が変わってきているのか
第4章 社会保障は誰のためのものか
第5章 相談支援
第6章 地域再構築
おわりに 社会保障制度の再構築に向けて

おすすめコメント

いま社会保障制度を持続可能にするには、どうしたらいいのか。全国各地で始まっている、生活に困窮したり、社会から孤立している人たちへの「相談支援」が育む可能性を明らかにし、そこで生まれている住民と行政による新たな〈地域〉づくりを社会保障制度、そして法律の中に位置づけていく。

著者紹介

菊池 馨実 (キクチ ヨシミ)  
1962年、北海道札幌市生まれ。北海道大学大学院法学研究科博士課程修了(博士(法学))。大阪大学助教授を経て、早稲田大学法学学術院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)