• 本

海峡に立つ 泥と血の我が半生

出版社名 小学館
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-09-388625-3
4-09-388625-3
税込価格 1,760円
頁数・縦 382P 20cm

商品内容

要旨

イトマン事件から28年。「戦後最大の黒幕」と呼ばれた男が初めて綴った自叙伝。

目次

第1章 原風景
第2章 本職の人々
第3章 「兄」との出会い
第4章 実業の世界へ
第5章 尼の組長
第6章 京都へ
第7章 在日の本懐
第8章 イトマン事件
第9章 大人のかくれんぼ
第10章 これから
特別対談 許永中×崔書勉

おすすめコメント

「戦後最大のフィクサー」衝撃の自叙伝イトマン事件、石橋産業事件で逮捕されるなど、数多くの経済事件でその名が取り沙汰されてきた許が、自身の半生を初めて綴った。日本と韓国を股にかけ、極道から巨大商社、銀行、テレビ局まで、縦横無尽に駆け抜けた許は、そのとき何と戦い、何を願っていたのか。大阪・東淀川区の朝鮮部落で過ごした幼少期の原風景、日本が狂乱したバブル時代に自ら関わった事件の表と裏、政財界から暴力団までを貫くその人脈、2年間の逃走生活、そして日韓の未来への願い……その全てをここに明かします。

著者紹介

許 永中 (キョ エイチュウ)  
1947年、大阪府大阪市大淀区(現北区)中津生まれ。在日韓国人2世。大阪工業大学在学中から不動産や建設など様々な事業に関わり、多くの在日同胞や極道関係者の人脈を培う。大学中退後、91年にイトマン事件、00年に石橋産業事件で逮捕。保釈中の97年9月、妻の実家の法要を理由に韓国・ソウルに出国した後、現地で失踪。99年11月に都内ホテルで身柄を拘束された。12年12月、母国での服役を希望し、ソウル南部矯導所に入所。13年9月に仮釈放。現在はソウル市内にて、介護や都市開発など様々な事業を手掛ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)