• 本

よみがえる非ユークリッド幾何

出版社名 日本評論社
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-535-78879-4
4-535-78879-0
税込価格 2,860円
頁数・縦 199P 21cm

商品内容

要旨

現代数学は、幾何学の本当の姿を露わにしたのだろうか?ユークリッド『原論』とヒルベルト『幾何学の基礎』を出発点に、楕円幾何を含めた古典的な幾何学の厳密な基礎付けと相互の関係、さらには非ユークリッド幾何が現代数学に果たした役割を語る。

目次

非ユークリッド幾何小史
非ユークリッド幾何をめぐる三つの疑問
理論とモデルの関係
絶対幾何の公理系
『原論』第1巻を読む
『原論』第1巻を読む(続)
双曲幾何の深淵を覗いた男
双曲幾何の基礎
ユークリッド幾何の基本定理
双曲幾何に隠された数体系
双曲幾何の基本定理
ボーヤイ=ロバチェフスキの公式の謎
鏡映理論による古典幾何の分類

著者紹介

足立 恒雄 (アダチ ノリオ)  
1941年京都府福知山市生まれ。1965年早稲田大学理工学部数学科卒業。早稲田大学理工学部教授、早稲田大学理工学部長、理工学術院長を経て、早稲田大学名誉教授。専門は代数的整数論、数学思想(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)