• 本

それでも、母になる 生理のない私に子どもができて考えた家族のこと

出版社名 ポプラ社
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-591-16362-7
4-591-16362-8
税込価格 1,650円
頁数・縦 245P 20cm

商品内容

要旨

生き方に「普通」なんて、ない。結婚、離婚、出産、不妊、生死、性転換、特別養子縁組、里親…法律や血縁ではない、新しい「つながり方」に希望を感じる注目の著者デビュー作。

目次

生まれつき生理と排卵がない―私
1 あなたは私の特別なひと(16歳で妊娠、高校生で母になる―美菜子
大切な人の死とともに、歩み続ける―翠
私の事情を受け止めた人―夫)
2 産んでも、産まなくても(子宮がない、産まない人生を選ぶ―洋子さん
夫と腎臓をはんぶんこして生きる―はるかさん
産めない母と育てられない母―直美さん
養子、血のつながらない親の子―桜ちゃん
心許ない私の子宮に命を宿した子―娘)
3 家族という居場所をつくる(女から男へ、本来の性で家族を築く―ナリさん
里親、社会で子どもを育てるお母さん―綾子さん
私の居場所をつくる人―母)

おすすめコメント

産まなければ母ではないのか。血がつながらなければ家族ではないのか。「女性」「母」「家族」について考える今読んでおきたい一冊。

著者紹介

徳 瑠里香 (トク ルリカ)  
1987年、愛知県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。出版社にて、書籍やWEBメディアの企画・編集・執筆を行った後、オーガニックコスメブランドのPR等を経て、独立。現在は、女性の選択と家族のかたちを主なテーマに執筆活動を行う。『それでも、母になる―生理のない私に子どもができて考えた家族のこと』が初の単著となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)