• 本

聞こえているのに聞き取れないAPD〈聴覚情報処理障害〉がラクになる本

出版社名 あさ出版
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-86667-166-6
4-86667-166-1
税込価格 1,760円
頁数・縦 111P 21cm

商品内容

要旨

聴力検査は異常なし。でも、うるさい場所での話、複数の人の話、電話の話、テレビの音声、会議の発言がわからない!大反響!自己診断からツール活用法、生活のヒントまで。

目次

1 APD患者さんの声
2 APDとは何か?
3 APDであるかを確かめる
4 APDの関連疾患
5 APDの聞こえづらさをラクにする
6 APDとどうつきあい生きていくか

おすすめコメント

推定患者数が240万人超というAPD(聴覚情報処理障害)。症状は「音は聞こえているのに聞き取れない」など。2018年NHKで取り上げられ話題に。年間200人超の患者を診察する医師が症状と対策を解説。

著者紹介

平野 浩二 (ヒラノ コウジ)  
耳鼻咽喉科専門医。ミルディス小児科耳鼻科院長。専門分野は、補聴器・難聴・聴覚障害診療。東北大学卒。聴覚障害者の手話による診療を長年行い、その延長で聴覚情報処理障害(APD)に出会う。APDのことを知っている耳鼻科医が非常に少ないことから、APDのサイトをたちあげ、その啓発に努めている。今では年間200人ほどのAPD患者を診察している。現在は東京の江東区にある亀戸小児科耳鼻咽喉科で毎週火曜日にAPDの患者の診察にあたっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)