• 本

イチロー・インタビューズ激闘の軌跡 2000−2019

出版社名 文藝春秋
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-16-391067-3
4-16-391067-0
税込価格 1,980円
頁数・縦 426P 図版32P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「僕の言葉にウソはない」インタビュー=1対1の真剣勝負。20年間の「肉声」をすべて、この一冊に。

目次

第1章 飛翔 2000‐2002(「どうせなら、ユニフォームのカッコいいところがいいな」
「向こうに行くことが夢じゃないですから」 ほか)
第2章 試練 2003‐2005(「一番苦しいと感じるのは、できるのにできないということ」
「え、トップって、何が?」 ほか)
第3章 栄光 2006‐2007(「獲りにいって獲った世界一ですから」
「日本のこと、大好きです」 ほか)
第4章 結実、そして転機 2008‐2014(「去年の涙は、悔しさがすべてではない」
「おっと、松坂選手、言うようになったね」 ほか)
第5章 偉業、そして決断 2015‐2019(「破壊をしないと成熟しないんじゃないか、という考え方です」
「もっと先にはもっと違う自分が現れるんじゃないかという期待が常にあります」 ほか)

出版社・メーカーコメント

その言葉も一流。イチローの肉声に酔いしれる引退後の独白まで過去二十年「ナンバー」に掲載されたインタビューを全収録。二〇一〇年刊行「イチロー・インタヴューズ」の増補版。

著者紹介

石田 雄太 (イシダ ユウタ)  
1964年11月11日、愛知県生まれ。名古屋市立菊里高等学校、青山学院大学文学部卒。NHKに入局し、「サンデースポーツ」などのディレクターを務める。1992年の独立後は、「Sports Graphic Number」を中心とした執筆活動とともにスポーツ番組の構成・演出を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)