• 本

ヴィーナスは天使にあらず 天使と悪魔 9

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-04-108569-1
4-04-108569-1
税込価格 1,650円
頁数・縦 299P 19cm

商品内容

要旨

美術館で高名な画家に出会ったマリは、“ヴィーナス”としてスカウトされモデルを引き受けることになり―(「ヴィーナスは天使にあらず」)。ポチたちが偶然入ったのは、新婚夫婦の住むマンション。そこでは夫婦間の殺人が起きていた場所だった(「別れ話は黄昏に」)。ドラマの水死体の役をやることになったマリは、水底に沈む本物の死体を見付けてしまう(「天使の身替りをさがして」)。動物病院でポチを助けてくれたのは、広告代理店社員の男性。二人はある女性を巡って邪な謀略を働いていて―(「長いライバル」)。鰻重を巡って陸上の日本チャンピオンとかけっこをすることになったマリ。勝負の後、突然男が倒れてしまう(「失われた王者」)。無賃乗車で捕まったところを、親切な町長に助けられた二人。その町では少女の「いけにえ」を探していて―(「悪魔が夜来る」)。キュートな冒険ミステリ!

おすすめコメント

赤川次郎氏の大人気シリーズ、待望の最新刊登場!落ちこぼれ天使のマリと、地獄から追い出された悪魔のポチ。芸術の秋に2人が出会うのは、とある画家。今回はどんな事件に巻き込まれるのか?国民的人気シリーズ最新作!

著者紹介

赤川 次郎 (アカガワ ジロウ)  
1948年、福岡県生まれ。76年、「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。作品が映画化されるなど、続々とベストセラーを刊行。『セーラー服と機関銃』など、著作は600冊以上にも及ぶ。2005年秋に、角川文庫の赤川作品の総部数が1億冊を突破。06年、第9回日本ミステリー文学大賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)