• 本

逆説の世界史 1

古代エジプトと中華帝国の興廃

小学館文庫 い1−38

出版社名 小学館
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-09-406689-0
4-09-406689-6
税込価格 880円
頁数・縦 395P 15cm

商品内容

要旨

文明はどのように発達し、なぜ衰退していくのか―。『逆説の世界史』は歴史ノンフィクションの金字塔『逆説の日本史』の著者が挑む、構想15年の新たなライフワーク!!民族・宗教・イデオロギーによる偏見や差別を超越した視点で読み解く文明論です。待望の第1弾は「古代エジプトと中華帝国の興廃」。「ピラミッドの建造技術を断絶させた言霊信仰」「ファラオの墓という定説の矛盾」「エジプト文明が何度も滅びた不思議」「六百年前には最先端だった中国文明を停滞させる元凶」「歴史認識を歪める儒教社会の呪縛」ほか、文明の興廃の謎に迫る。

目次

序章 人類はいかにして文明を持ったか―通史としての世界史を書く方法論(民族、宗教、イデオロギーを超越した新たな視点
時代分類は「利器の材質」から「情報蓄積ツール」へ)
第1章 古代エジプト文明の崩壊―科学技術情報を隠蔽したファラオの言霊信仰(なぜ巨大ピラミッドが建造されたのか
ヒエログリフと文字の起源)
第2章 中国文明の力量と停滞―六百年前には最先端だった「中華思想」国家の臨界(毛沢東の文化大革命と儒教文明の呪縛
朱子学国家が東アジアに与えた悪影響
歴史を改竄する中国共産党の偏向教育)

おすすめコメント

古代エジプト文明と中国文明の興亡の謎を解明。

著者紹介

井沢 元彦 (イザワ モトヒコ)  
作家。1954年、愛知県名古屋市生まれ。早稲田大学法学部卒業。TBS報道局記者時代の80年、『猿丸幻視行』で江戸川乱歩賞を受賞。累計550万部突破のベスト&ロングセラー『逆説の日本史』シリーズの他、著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)