• 本

日本中世史の核心 頼朝、尊氏、そして信長へ

朝日文庫 ほ21−1

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-02-261987-7
4-02-261987-2
税込価格 814円
頁数・縦 333P 15cm

商品内容

要旨

中世を読み解く上で押さえておきたい8人のキーパーソン列伝。源頼朝、法然、九条道家、北条重時、足利尊氏、三宝院満済、細川政元、織田信長。当時の環境や常識に照らしつつ、彼らの行動、周囲の反応を現代からいかに捉えるか。濃厚でリアルな政治史の流れが浮き彫りになる。

おすすめコメント

鎌倉〜戦国時代に足跡を残した8人のキーパーソン列伝。源頼朝、法然、九条道家、北条重時、足利尊氏、三宝院満済、細川政元、織田信長──彼らはなぜそのように行動し、周囲はどう受けとめたか。明快な視座で人物を捉え、一連の政治の流れを浮き彫りにする。

著者紹介

本郷 和人 (ホンゴウ カズト)  
1960年東京都生まれ。東京大学史料編纂所教授。文学博士。東京大学卒業、同大学院人文科学研究科博士課程単位取得。石井進氏、五味文彦氏に師事。専攻は日本中世政治史、古文書学。著書、監修、NHK大河ドラマ「平清盛」の時代考証も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)