• 本

隠された十字架江戸の数学者たち 関孝和はキリシタン宣教師に育てられた

出版社名 秀和システム
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-7980-5881-8
4-7980-5881-5
税込価格 1,760円
頁数・縦 222P 19cm

商品内容

要旨

鎖国下の日本において、西洋近代学問がもたらされるルートは貿易商人、宣教師(伝道師)、軍人将校に限られていた。そこから学んだ者たちは一生涯、その関わりを隠し続けた。墓に刻むことさえも許されなかった―。

目次

第1章 本当は伴天連が教えた江戸の「和算」(中国数学から西洋数学への乗り換え
「西洋神術」としての江戸時代の数学 ほか)
第2章 和算を築いた男たち―ジュゼッペ・キアラと関孝和(初めて西欧と「知」で渡り合った井上政重
三代将軍家光の政権を担ってきたブレーン ほか)
第3章 和算家たちの系譜とグループ(京都・慶長天主堂グループ
切支丹屋敷グループ ほか)
第4章 日本近代化の原動力となった江戸の数学者たち(蘭学とは当時の「ヨーロッパ最先端の神学」である
坂本龍馬は土佐藩主の命で軍艦操練所に派遣されていた ほか)
第5章 数学が神となる時代へ(「庶民の和算」と「科学としての和算」
学問体系は西洋的自然観から生まれた ほか)

著者紹介

副島 隆彦 (ソエジマ タカヒコ)  
評論家。副島国家戦略研究所(SNSI)主宰。1953年、福岡県生まれ。早稲田大学法学部卒業。外資系銀行員、予備校講師、常葉学園大学教授等を歴任。著書多数
六城 雅敦 (ロクジョウ ツネアツ)  
1968年生まれ。大阪府立大学工学部船舶工学科卒。エンジニアリング系コンピューターソフト会社、製薬会社等を経て、現在、自営業。SNSI副島国家戦略研究所の初期メンバー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)