• 本

在野研究ビギナーズ 勝手にはじめる研究生活

出版社名 明石書店
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-7503-4885-8
4-7503-4885-6
税込価格 1,944円
頁数・縦 286P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

「大学に属してませんけど、なにか?」在野の研究者に資格はいらない。卒業後も退職後も、いつだって学問はできる!最強の学者くずれたちによる現役のノウハウが、ここに結集。

目次

第1部 働きながら論文を書く(“政治学”職業としない学問
“法学”趣味の研究
“批評理論”四〇歳から「週末学者」になる
インタビュー1 図書館の不真面目な使い方 小林昌樹に聞く
エメラルド色のハエを追って
点をつなごうとする話)
第2部 学問的なものの周辺(“専門なし”新たな方法序説へ向けて
“民俗学”好きなものに取り憑かれて
“文学研究”市井の人物の聞き取り調査
センセーは、独りでガクモンする
貧しい出版私史
インタビュー2 学校化批判の過去と現在 山本哲士に聞く)
第3部 新しいコミュニティと大学の再利用(“専門なし”“思想の管理”の部分課題としての研究支援
“共生論”彷徨うコレクティヴ
“哲学”地域おこしと人文学研究
インタビュー3 ゼロから始める翻訳術 大久保ゆうに聞く
アカデミアと地続きにあるビジネス)

出版社・メーカーコメント

「在野研究者」とは、大学に属さない、民間の研究者のことだ。卒業後も退職後も、いつだって学問はできる!現役で活躍するさまざまな在野研究者たちによる研究方法・生活を紹介する、実践的実例集。本書は、読者が使える技法を自分用にチューンナップするための材料だ。

著者紹介

荒木 優太 (アラキ ユウタ)  
1987年東京生まれ。在野研究者(専門は有島武郎)。明治大学文学部文学科日本文学専攻博士前期課程修了。2015年、第59回群像新人評論優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)