• 本

植物の生の哲学 混合の形而上学

出版社名 勁草書房
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-326-15461-6
4-326-15461-6
税込価格 3,520円
頁数・縦 215P 20cm

商品内容

要旨

種が落ちた場所から動くことなく一生を過ごす植物は、光合成により酸素を作り出し、あらゆる生物が住まう環境を整える。つまり植物は世界と溶け合い、世界を作り出し、世界に存在している。動物の哲学も存在論的転回もやすやすと超えて、植物の在り方から存在論を問い直す哲学エッセイ。モナコ哲学祭賞受賞作。

目次

1 プロローグ(植物、あるいは世界のはじまり
生命領域を拡張する
植物、または息づく精神
自然の哲学のために)
2 葉の理論―世界の大気(葉
ティクターリク・ロゼアエ
空気のただ中で―大気の存在論
世界の息吹
すべてはすべての中に)
3 根の理論―天体の生命(根
最も深いところにあるもの、それは天体である)
4 花の理論―理性のかたち(花
理性とは性のことである)
5 エピローグ(思弁的独立栄養について
大気のごとくに)

おすすめコメント

世界に在る=世界と混合し、世界をつくる――動物学的である西洋哲学の伝統を刷新し、植物を範型とした新しい存在論を提示する。

著者紹介

コッチャ,エマヌエーレ (コッチャ,エマヌエーレ)   Coccia,Emanuele
パリの社会科学高等研究院(EHESS)准教授。研究分野は中世哲学、キリスト教的規範性の歴史と理論。フライブルク大学准教授を経て現職。著書『植物の生の哲学―混合の形而上学』で、モナコ哲学祭賞受賞
嶋崎 正樹 (シマザキ マサキ)  
仏語翻訳家・放送通訳
山内 志朗 (ヤマウチ シロウ)  
慶應義塾大学教授。倫理学専攻。山形県生まれ。研究分野は、西洋中世・倫理学、バロックスコラ哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)