• 本

教育のワールドクラス 21世紀の学校システムをつくる

出版社名 明石書店
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-7503-4890-2
4-7503-4890-2
税込価格 3,300円
頁数・縦 348P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

OECD生徒の学習到達度調査(PISA)の創始者であり、教育政策の世界的権威であるアンドレアス・シュライヒャーは、70以上に及ぶ国や地域の教育リーダーたちとともに、未来志向の教育政策の立案と実践に取り組んできた。言うは易く行うは難しの教育改革ではあるが、本書『教育のワールドクラス』においてシュライヒャーは数々の成功例を検証し、私たちに多くの学びをもたらしてくれる。といっても、よその学校や国の解決策をそのまま紹介するのではなく、様々な国や地域の成功例を丁寧かつ冷静に観察することで、どのような場合にどのような事例が成功するかを導き出している。物理学の専門家でもあるシュライヒャーの教育論は独自の視点に基づく。彼は、芸術的視点から科学的な視点へのシフトを強く説く。

目次

第1章 科学者の視点から見た教育
第2章 幾つかの神話を暴く
第3章 優れた学校システムは何が違うのか
第4章 なぜ教育の公平性はわかりにくいのか
第5章 教育改革の実現
第6章 今何をするか

著者紹介

シュライヒャー,アンドレアス (シュライヒャー,アンドレアス)   Schleicher,Andreas
経済協力開発機構(OECD)の教育・スキル局長。OECD生徒の学習到達度調査(PISA)の生みの親。PISAをはじめ開発監督したツールは、あらゆる国や地域、文化における政策策定者、研究者、教育者が、教育政策と実践の改革に取り組む際の国際的プラットフォームとなっている。20年以上にわたり、世界各国の大臣や教育界の指導者たちとともに教育の質と機会均等の向上に取り組んできた。民主主義の発展に模範的貢献をした人物に授与される、ドイツ連邦共和国初代大統領の名を冠したセオドール・ホイス賞をはじめ、多数の名誉賞その他の受賞歴がある。ハイデルベルク大学名誉教授の称号を持つ
鈴木 寛 (スズキ カン)  
東京大学公共政策大学院教授/慶應義塾大学政策・メディア研究科教授/OECDイノベーション教育ネットワーク代表
秋田 喜代美 (アキタ キヨミ)  
東京大学大学院教育学研究科長・教育学部長・教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)