• 本

麹町中学校の型破り校長非常識な教え

SB新書 489

出版社名 SBクリエイティブ
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-8156-0131-7
4-8156-0131-3
税込価格 913円
頁数・縦 213P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

東京のど真ん中に「常識」をひっくり返している中学校校長がいます。宿題の廃止、定期テストの廃止、担任制も廃止。日本中で行われている教育を問い直し、学校改革を断行したのが千代田区立麹町中学校の工藤勇一校長。非常識な改革はTV・新聞などメディアで話題沸騰。文部科学省など全国からの視察も後を絶ちません。そんな「いま子どもを入れたい中学校ナンバーワン!」最注目の教育者が明かした前代未聞の「非常識な」子育てとは?

目次

第1章 勉強の「正解」を疑う学びの本質とは?(宿題はいらない
机に向かう習慣は、本当に重要ですか? ほか)
第2章 「心の教育」を疑うしつけの本質とは?(「服装の乱れは、心の乱れ」って本当?
「ルールを守らせる」に必死な大人 ほか)
第3章 「協調性・みんな仲良く」を疑う多様性の本質とは?(「みんな仲良く」を否定した全校集会
「協調性」は子どもへのストレスになる ほか)
第4章 「子どものために」を疑う自律のために親ができること(子ども同士のいざこざを仲裁していませんか?
部屋の片付けに口を出すとどうなるか? ほか)

おすすめコメント

TVで話題の校長先生、初の親向け 子育て論東京のど真ん中に「学校の常識」をひっくり返している公立中学校長がいます。宿題は必要ない。固定担任制も廃止。中間・期末テストも廃止。多くの全国の中学校で行われていることを問い直し、本当に次世代を担う子どもたちにとって必要な学校の形を追求しているのが、千代田区立麹町中学校の工藤勇一校長です。大人が手を掛けすぎて、何でも他人のせいにする…。そんな今の教育に反し、改革を断行し、話題を呼んでいます。一部始終を表した『学校の「当たり前」をやめた。』はベストセラーに、朝日新聞、NHKなどメディア出演も昨年後半から急増。文部科学省など視察は後を絶たない。現役ビジネスマンであっても関心の高い、日本の教育問題。それを根底から変える、稀代の教育者が初めて親向けに子育て論を出版!

著者紹介

工藤 勇一 (クドウ ユウイチ)  
千代田区立麹町中学校校長。1960年山形県鶴岡市生まれ。東京理科大学理学部応用数学科卒。山形県公立中学校教員、東京都公立中学校教員、東京都教育委員会、目黒区教育委員会、新宿区教育委員会教育指導課長等を経て、2014年から千代田区立麹町中学校長。教育再生実行会議委員、経済産業省「未来の教室」とEd Tech研究会委員等、公職を歴任。麹町中学校では「世の中ってまんざらでもない!結構大人って素敵だ!」と生徒たちが思える教育を目指し、教育改革に取り組む。宿題廃止・定期テスト廃止・固定担任制廃止を次々に打ち出した改革は、文部科学省が視察に訪れ、新聞各社・NHK・民放各局などがこぞって取り上げるなど、教育関係者・メディアの間で話題となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)