• 本

人間関係づくりとコミュニケーション 自己分析から他者理解と相互理解へ

出版社名 金子書房
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-7608-3039-8
4-7608-3039-1
税込価格 1,980円
頁数・縦 114P 26cm

商品内容

要旨

自己認識を深めるエクササイズを掲載。

目次

1 きづく―行動パターンの落とし穴
2 うけいれる―自他尊重のコミュニケーション
3 むきあう―不合理な信念とむきあう
4 みつめる―人生役割もさまざま
5 みとおす―人間関係づくりの展望
6 特別講義―地域創生における人間関係づくりトレーニングの重要性

著者紹介

山内 雅惠 (ヤマウチ マサエ)  
モアユアセルフ代表、国会資格キャリアコンサルタント、日本キャリア開発協会認定CDA・キャリアコンサルタント養成講座インストラクター、日本MBTI協会認定ユーザー、東海大学非常勤講師(キャリア科目担当)。大学卒業後、出版会社に就職し、営業、人事、編集企画を担当。出産退職1年後、1990年教育関連会社に就職。14年間、カリキュラム開発及び指導にあたる。育児相談、研修講師、マネジメントの立場で人事、広報、企画を担当。2004年人材開発会社に入社し、キャリアカウンセラー(2016年4月より国家資格キャリアコンサルタント)および研修講師として従事。学生の進学、就職支援、社会人および民間企業のセミナーおよびカウンセリングを実施。キャリアコンサルタント養成講座を担当し、キャリアコンサルタントの育成に従事。2011年4月「モア ユアセルフ more yourself」名で独立。引き続き上記業務を担当しつつ、東洋大学札幌キャンパスにて非常勤講師としてキャリア科目を担当
船木 幸弘 (フナキ ユキヒロ)  
藤女子大学人間生活学部准教授、修士(社会福祉学)、国家資格キャリアコンサルタント、日本キャリア開発協会認定CDA、社会福祉士。東北福祉大学大学院(通信制)総合福祉学研究科修了。専門領域は人間関係トレーニング、キャリア開発・教育、ソーシャルワーク方法論(対人支援専門職育成と地域活動支援)、ボランティアマネジメント。現在はこれらの専門領域を地域創生、人材育成プログラミング、組織開発(特にOD)に活かした活動に取り組む。地方公務員(士幌町役場、社会福祉協議会、北海道保健福祉部など)、弘前学院大学社会福祉学部などを経て、藤女子大学人間生活学部准教授。公職として北海道石狩市社会教育委員
木村 俊昭 (キムラ トシアキ)  
東京農業大学教授、経営学博士、日本地域創生学会会長、地域活性学会常任理事。1984年小樽市入庁。小樽市産業振興課長・産業港湾部副参事(次長職)、2006年から内閣官房・内閣府企画官、2009年から農林水産省企画官等を経て、東京農業大学教授・博士(経営学)。内閣官房シティマネージャー、日本地域創生学会会長、地域活性学会常任理事等として、大学・大学院講義のほか、地域創生リーダー・プロデューサー人財塾の開塾、国内外において命育から「五感六育」事業構想の実現、講演・現地アドバイス等を実践中
森谷 一経 (モリヤ カズツネ)  
北海道文教大学外国語学部教授、博士(生物産業学)、キャリア教育センター室長。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程所定単位取得退学。博士(生物産業学)(東京農業大学)。専門領域はキャリア教育と大学生の金融リテラシーの醸成に関する研究。所属学会は日本インターンシップ学会、日本ビジネス実務学会、産学連携学会、人材育成学会。地域連携を通じた街づくりにも取り組む。公職は、北海道恵庭市人材確保計画策定委員会委員長および北海道恵庭市中小企業振興審議会/計画推進管理専門部会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)