• 本

今日も、Jリーグ日和。 ひらちゃん流マニアックなサッカーの楽しみ方

出版社名 ヨシモトブックス
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-8470-9830-7
4-8470-9830-7
税込価格 1,512円
頁数・縦 399P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

おすすめコメント

"本当に好きな気持ちがないとできない仕事だね。 Jリーグのすべてが凝縮されている素晴らしい本だ。 ――――――――――――セルジオ越後 「サッカーダイジェスト」誌の連載「アディショナルタイムに独り言」をよりすぐり!! 7年超に及ぶ人気コラムを待望の単行本化! 試合観戦当日、スタジアムに向かうため、家の玄関を出て、数歩歩き始めた瞬間がなぜか好きなのです。仕事に行く時もコンビニに行く時も、同じ道を歩き、同じ景色を見ているのに、スタジアムに行く時は、いつもと違って見えるからです。(中略) いつもと同じはずなのに、街の空気や大気が違って感じる、あの感覚を味わえた日こそサッカー日和。私はサッカーに夢中ですが、サッカー日和の、そしてJリーグ日和の虜でもあります。 (「まえがき」より) ■ジョルジ・ワグネル風味のケーキを味わう(第2章) ■選手の「迷」キャッチフレーズに突っ込む(第3章) ■衝撃のマスコット「キヅール」のポジションを予想(第5章) ■鈴木隆行のドリブルに魂を感じる(第6章) ■Siriにサッカーの未来を尋ねてみる(第7章) ■タクシーで運転手のぼやきを楽しむ(第10章) ■除雪作業に協力するサポーターの熱量に驚く(第11章)etc… 他、各章冒頭には書き下ろしも収録。 ひらちゃん流サッカーの楽しみ方を凝縮した1冊。 発行:ヨシモトブックス 発売:ワニブックス 【著者略歴】 平畠啓史(ひらはた・けいじ) 1968年8月14日生まれ。吉本興業所属。出身の大阪府高槻市でサッカーを始め、高校3年時には主将としてチームをインターハイ出場に導く。スカパー!のJリーグハイライト番組で10年にわたりMCを務めるなど、プライベートも含めてJリーグの試合会場に足を運び続け、芸能界ナンバーワンのサッカー通として知られる。スカパー!の「平畠会議」、「平ちゃんの『ほな行こか。』」、Jリーグのインターネット配信番組「ひらチャンねる」、DAZNでのJ3ゲームの実況、「Jリーグジャッジリプレイ」など、独自の視点からサッカーの魅力を伝えつづけ、活躍の場を広げている。著書に『平畠啓史 Jリーグ54クラブ巡礼』(ヨシモトブックス刊)がある。"