• 本

京都伏見は水神さまのいたはるところ 〔3〕

雨月の猫と夜明けの花蓮

集英社オレンジ文庫 あ2−6

出版社名 集英社
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-08-680273-4
4-08-680273-2
税込価格 649円
頁数・縦 264P 15cm
シリーズ名 京都伏見は水神さまのいたはるところ

商品内容

要旨

過保護な幼馴染みの拓己と水神さまのシロに世話を焼かれながらの京都・伏見暮らしも早や半年。高校二年生になったひろは進路に悩んでいた。そんなある日、親友である陶子の様子がいつもと違うことにひろは気づく。快活な親友に元気のない理由、それは…?光眩しい初夏から盛夏の京都を彩る、花鳥猫。水にまつわるあやかし事鎮め、じんわり優しい3つの夏物語。

おすすめコメント

京都を彩る花鳥猫。水にまつわるあやかし事鎮め、じんわり優しい3つの物語。   過保護な幼馴染みの拓己と水神さまのシロに世話を焼かれながらの京都・伏見暮らしも早や半年。 高校二年生になったひろは進路希望届を前に悩んでいた。 京都に残るか、東京に戻るか、進学するのか、そして将来何をしたいのか・・・・・・決められずにいた。 そんなある日、親友で陸上部に所属する陶子の様子がいつもと違うことにひろは気づく。 そこに不思議な少年の声が聞こえてきてーー!?(「飛燕の絆」)   造り酒屋の清花蔵の跡取りである拓己が、蔵の庭造りをすることになった。 ひろは拓己の剣友が住む寺へ行き、拓己と一緒に紫陽花を選んだのだが・・・?(「六月の猫」)。   7月に入り、友人たちと祇園祭りに行く約束をしたひろに、去年クラスメイトだった大野達樹が「話がある」と言ってきて・・・?(「瑠璃色の夜明け」)   緑眩しい初夏から夏の京都を彩る、花鳥猫。水にまつわるあやかし事鎮め、じんわり優しい3つの物語。

著者紹介

相川 真 (アイカワ シン)  
京都出身。第2回みらい文庫大賞優秀賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)