• 本

日本の哲学者とお茶を飲む 賢人が到達した答え

出版社名 東邦出版
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-8094-1703-0
4-8094-1703-4
税込価格 1,620円
頁数・縦 215P 21cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

ニッポン最高“智”の8人に「生き方」「こころ」について回答してもらいました。

目次

世界の主な思想家・年表
西田幾多郎に「自己存在」を問う
三木清は「幸福」をどう捉えている?
鈴木大拙に「禅」の秘密を聞く
二宮尊徳から「近代的思想」を引き出す
田中正造が見た「神」とは何か
兼好法師はなぜ「心はない」と分かった?
道元に「悟り」の状態をしつこく訊ねる
世阿弥がたどり着いた「生き方」を探る

出版社・メーカーコメント

累計180万部!を突破した、ベストセラー「超訳!ニーチェの言葉」の著者による最新刊!『実は西洋より進んでいる、ニッポンの思想・哲学!』我が国最高“智”の8名が、生き方・こころについて回答。数々の言葉・名言が刺さる!@西田幾多郎に「自己存在」を問うA三木清は「幸福」をどう捉えている?B鈴木大拙に「禅」の秘密を聞くC二宮尊徳から「近代的思想」を引き出すD田中正造が見た「神」とは何かE兼好法師はなぜ「心はない」と分かった?F道元に「悟り」の状態をしつこく訊ねるG世阿弥がたどり着いた「生き方」を探る

著者紹介

白取 春彦 (シラトリ ハルヒコ)  
ベルリン自由大学文献学部で哲学・文学・宗教を学ぶ。1985年の帰国後、文筆業に専念。哲学・思想・宗教についての解説書は高い評価を受けている。2010年に出版した『超訳ニーチェの言葉』は180万部を突破(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)