• 本

潜入中国 厳戒現場に迫った特派員の2000日

朝日新書 732

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-02-295032-1
4-02-295032-3
税込価格 891円
頁数・縦 242P 18cm

商品内容

要旨

超大国アメリカを猛追し、国際秩序を塗り替えようとする中国。その足元では何が起きていたのか。国産初の空母建造、新型ステルス機の飛行実験、世界を脅かすサイバー攻撃の拠点、スパイ活動の最前線、宇宙開発、北朝鮮国境、密輸の決定的瞬間…。2007年以降、数々の厳戒現場に潜入した特派員が、監視の目をかいくぐって見た軍や党の実態とは?二度と入ることができない「核心の地」からの最後のルポ。

目次

序章 異形の超大国は何を目指しているのか―現場から見た急速な近代化の足元
第1章 中国軍の強さともろさ―新型ステルス戦闘機の実力
第2章 サイバー空間を占拠せよ―戦力と戦略の実態
第3章 宇宙開発への野望
第4章 世界最大規模のスパイ活動
第5章 中国、海軍大国への胎動―ルポ「空母建造」の現場潜入
第6章 国境から見た北朝鮮―「血の同盟」の実態
第7章 組織でみる中国軍の実像
終章 最後の中国特派員になるかもしれない―縦横無尽に取材のできた時代

おすすめコメント

超大国アメリカに猛追し、国際秩序を塗り替えようとする中国。その足元では何が起きていたのか? 国産初の空母建造、新型ステルス機飛行実験、世界を脅かすサイバー攻撃の拠点、宇宙開発、スパイ活動の最前線、禁断の北朝鮮国境、密輸と運び屋、中国商人の情報網……。2007年以降、31の省、自治区、直轄市のほぼ全てに足を運び、中国当局に拘束・尋問されながらも数々の厳戒現場に潜入した特派員が、監視の目をかいくぐって見た軍や党の実態とは? もう二度と入れない「核心の地」からの最後のリポート。

著者紹介

峯村 健司 (ミネムラ ケンジ)  
朝日新聞国際報道部記者。1997年入社。中国総局員(北京勤務)、ハーバード大学フェアバンクセンター中国研究所客員研究員などを経て、アメリカ総局員(ワシントン勤務)。優れた報道で国際理解に貢献したジャーナリストに贈られるボーン・上田記念国際記者賞受賞(2010年度)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)