• 本

明智光秀と織田信長 歴史捜査

出版社名 宝島社
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-8002-9790-7
4-8002-9790-7
税込価格 1,430円
頁数・縦 159P 21cm

おすすめコメント

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀。近年、光秀と「本能寺の変」に関して、その末裔である作家・明智憲三郎氏は独自の「歴史捜査」を行い、光秀に関する新説を多数発表しています。その関心は光秀が討った主君・織田信長のほか戦国武将にも向いており、昨今では多数の新説も出ています。本書は著者の最新の説をもとに光秀と信長の生涯を並行して解説します。厚い信頼で結ばれたはずの主君と忠臣はなぜ「本能寺の変」で相見えることになったのか、その真相をビジュアル資料と共に紹介。武将として傑出した才能を持つ光秀と信長の様々な合戦を、戦国武将の底流にある漢書(孫子の兵法や武経七書)をヒントに徹底的にひもときます。2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の歴史捜査も明智氏自ら敢行しています。