• 本

DNA鑑定 犯罪捜査から新種発見、日本人の起源まで

ブルーバックス B−2108

出版社名 講談社
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-06-517285-8
4-06-517285-3
税込価格 1,100円
頁数・縦 254P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

圧倒的な識別能力をもつDNA鑑定に魅せられて、戦没者の遺骨から自身の排泄物まで、あらゆるものを鑑定してきた著者がやさしく解き明かす、現代人が知っておくべき「教養」としてのDNA鑑定。それは時空を超えて生命の神秘を知る「扉」でもある。難事件・珍事件の解決録、縄文人誕生をめぐる「新説」、新種発見物語、ドラマではわからない科捜研の実情などを読むうちに、DNA鑑定の「通」になれる本。

目次

第1章 DNA鑑定「前夜」
第2章 なさねばならぬDNA鑑定
第3章 少しだけ学ぶDNA鑑定の原理
第4章 世にDNA鑑定の種は尽くまじ
第5章 DNA鑑定が明かす日本人の起源
第6章 DNA鑑定で迫る生物の謎
第7章 犯罪捜査とDNA鑑定

おすすめコメント

親子鑑定に犯罪捜査、災害被害者の特定まで、「社会の必需品」のDNA鑑定。知らないではすまない基礎を、類書にない平易さで解説。

著者紹介

梅津 和夫 (ウメツ カズオ)  
1949年、山形県生まれ。山形大学農学部卒業。同大学大学院農学研究科修士課程修了。山形大学医学部法医学講座助手、同学部助教授などを経て、山形大学医学部法医学教室客員准教授。医学博士。日本DNA多型学会、日本法医学会、日本人類学会などの会員。2004年度より、厚生労働省が進める戦没者遺骨収集事業に参加(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)