• 本

覆面作家の夢の家

新装版

角川文庫 き24−13

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-04-108173-0
4-04-108173-4
税込価格 924円
頁数・縦 252P 15cm
シリーズ名 覆面作家の夢の家

商品内容

要旨

天国的な美貌を持つご令嬢・新妻千秋のもう一つの顔は、覆面作家。お嬢様の推理力が光るのは、小説の中だけじゃない。心霊写真に隠された秘密の思い出、断崖絶壁を走る車に仕掛けられた罠、ドールハウスに残された小さなダイイング・メッセージ。担当編集者・岡部良介にはお手上げの謎もなんのその、お嬢様は鮮やかに真実に迫る。2人の距離も次第に縮まって―?イラスト入り完全保存版で贈る“覆面作家”シリーズ、完結編!

おすすめコメント

お嬢様探偵・千秋さんの謎解きと恋の行方は? シリーズ完全保存版、第3弾12分の1のドールハウスで行われた小さな殺人。そこに秘められたメッセージの意味とは? 美貌のご令嬢にして作家、しかも名探偵の千秋さんと若手編集者・岡部良介の名コンビによる名推理劇、完結巻!

著者紹介

北村 薫 (キタムラ カオル)  
1949年埼玉県生まれ。高校教師を務めるかたわら、89年『空飛ぶ馬』で作家デビュー。91年『夜の蝉』で第44回日本推理作家協会賞、2006年『ニッポン硬貨の謎』で第6回本格ミステリ大賞、09年『鷺と雪』で第141回直木賞、16年には第19回日本ミステリー文学大賞を受賞。エッセイや評論、編集の分野でも活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)