• 本

パリ2000年の歴史を歩く 花の都を彩った主役たちの人間模様

出版社名 芙蓉書房出版
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-8295-0771-1
4-8295-0771-3
税込価格 2,530円
頁数・縦 278P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

シーザー、ジャンヌ・ダルク、マリー・アントワネット、ナポレオンなど、パリを舞台に活躍した人々の史蹟を訪ねるパリ2000年の歴史散歩。シャルリー・エブド襲撃事件、黄色いベスト運動、ノートルダム大聖堂の火災など最近の話題も取材。写真250点収録。

目次

第1章 シーザーからジャンヌ・ダルクまでのパリ
第2章 二人の名君が遺したパリのモニュメント
第3章 ルイ一四世の時代とその後継者
第4章 マリー・アントワネットとフランス革命
第5章 ナポレオンとパリの不思議な関係
第6章 傍流の世にパリは花ひらく
第7章 パリへ渡ったサムライたち
第8章 世紀末のパリの空の下で
第9章 ヒトラー支配下のパリ
第10章 壮大なパリの再生と分断されるパリ

著者紹介

大島 信三 (オオシマ シンゾウ)  
昭和17年、新潟県生まれ。早稲田大学教育学部卒。同39年、産経新聞社に入社。千葉支局を振り出しに新聞と雑誌の両部門で政治や国際問題、文化全般の取材、インタビュー、編集に携わった。『週刊サンケイ』編集長、『新しい住まいの設計』編集長、特集部編集委員、『正論』編集長、編集局編集委員、特別記者を経て平成21年退社。特集部編集委員のときにヨーロッパの都市再開発を取材し、記者としてパリを観察。その後はフランス史やパリ関連の書籍をひもときながらフリージャーナリストとしてパリの街歩きをつづけてきた。日本記者クラブ会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)