• 本

ロールプレイで学ぶ教育相談ワークブック 子どもの育ちを支える

第2版

出版社名 ミネルヴァ書房
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-623-08783-9
4-623-08783-2
税込価格 2,200円
頁数・縦 152P 26cm
シリーズ名 ロールプレイで学ぶ教育相談ワークブック

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

このテキストでは、教育相談に関する基礎的な知識はもちろん、できるだけ多くの事例を紹介しています。また、ワークやロールプレイを通して、読者のみなさんが自分自身の課題として主体的に取り組めるように作られています。第1部では、教育相談に関する基礎的な知識とスキルについて学びます。第2部では、より具体的に学校現場のさまざまな課題(いじめ、不登校、発達障害、保護者とのかかわりなど)に関する基礎的な知識について解説するとともに関連する事例を紹介しています。初版の刊行から5年を経て、最新の統計データや調査結果、改正後の法律、子どもたちをめぐる近年の状況をもとに、本文、事例、図表をより新しい内容にした改訂版です。

目次

第1部 基礎編(教育相談の基礎知識
価値観の多様性を理解する
聴くスキル
子どもたちのサイン
自己理解を深める)
第2部 実践・事例編(不登校の児童・生徒への対応(1)―不登校に関する基礎知識
不登校の児童・生徒への対応(2)―不登校対応へのポイント
いじめに関する児童・生徒への対応(1)―いじめに関する基礎知識
いじめに関する児童・生徒への対応(2)―いじめの多様性を事例から理解する
発達障害のある児童・生徒への対応(1)―発達障害の理解
保護者を対象とした教育相談(1)―保護者対応の重要性とポイント音理解
保護者を対象とした教育相談(2)―保護者対応の基本的な流れと具体的な事例の検討
教員のメンタルヘルス)

著者紹介

向後 礼子 (コウゴ レイコ)  
早稲田大学大学院博士後期課程修了。博士(学術)(筑波大学)。近畿大学教職教育部教授
山本 智子 (ヤマモト トモコ)  
奈良女子大学大学院博士後期課程修了。博士(社会科学)(奈良女子大学)。近畿大学教職教育部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)