• 本

かくしごと承ります。 筆耕士・相原文緒と六つの秘密

メディアワークス文庫 と2−9

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-04-912577-1
4-04-912577-3
税込価格 693円
頁数・縦 286P 15cm

商品内容

要旨

筆耕士、相原文緒。彼女の仕事は、卒業証書や招待状の宛名などを、毛筆で書くこと。内気で真面目な文緒は、憧れの先生・都築尚之から請け負った数々の仕事を丁寧にこなしていく中で、文字にまつわる不思議な謎に、しばしば遭遇するのだった…。文字。そこには、使う人の“想い”はもちろん、長い歴史に培われた知られざる“秘密”も潜んでいる―。文豪たちに愛された静岡県三島を舞台に繰り広げられる、インテリジェンスに満ちたミステリーを、ご堪能あれ。

おすすめコメント

文字には“想い”と “謎”が込められている 卒業証書や招待状の宛名など、依頼されて美しい文字を書く「筆耕士」。 文豪たちに愛された静岡県三島で筆耕士として働く相原文緒は、謎めいた数々の依頼に振り回される――。文字や言葉の奥深さを堪能できる一作。

著者紹介

十三 湊 (トサ ミナト)  
『C.S.T.』で第20回電撃小説大賞“メディアワークス文庫賞”を受賞して作家デビュー。『ちどり亭にようこそ』が第10回エキナカ書店大賞を受賞し、人気を博す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)