• 本

企業労働法実務入門 はじめての人事労務担当者からエキスパートへ

改訂版

出版社名 日本リーダーズ協会
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-89017-012-8
4-89017-012-X
税込価格 4,290円
頁数・縦 537P 21cm
シリーズ名 企業労働法実務入門

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

労働法ってなに?
人事部の役割と実務
採用に関する諸問題
就業規則と労働契約
賃金
労働時間
休憩・休日・休暇
人事
懲戒処分
ハラスメント
労災・安全衛生
メンタルヘルス
雇用契約の収量
非正規雇用管理
同一労働同一賃金
労基署対応
労働組合
人事関連の法律で知っておくべきもの
社会保険・労働保険の基礎知識
用語集

著者紹介

倉重 公太朗 (クラシゲ コウタロウ)  
倉重・近衞・森田法律事務所代表弁護士。慶應義塾大学経済学部卒。オリック東京法律事務所、安西法律事務所を経て、2018年10月〜現事務所。第一東京弁護士会労働法制委員会外国労働法部会副部会長、日本人材マネジメント協会(JSHRM)執行役員、日本CSR普及協会雇用労働専門委員、経営法曹会議会員、日本労働法学会会員、日本労務学会会員。経営者側労働法専門弁護士。労働審判・仮処分・労働訴訟の係争案件対応、団体交渉(組合・労働委員会対応)、労災対応(行政・被災者対応)を得意分野とする。企業内研修、経営者向けセミナー、人事労務担当者・社会保険労務士向けセミナーを多数開催
田代 英治 (タシロ エイジ)  
株式会社田代コンサルティング代表取締役社会保険労務士。1961年福岡県生まれ。1985年神戸大学経営学部卒。同年川崎汽船株式会社入社。1993年人事部へ異動。同部において人事制度改革・教育体系の抜本的改革を推進。2005年同社を退職し、社会保険労務士田代事務所を設立。2006年株式会社田代コンサルティングを設立し、代表取締役に就任。人事労務分野に強く、各社の人事制度の構築・運用をはじめとして人材教育にも積極的に取り組んでいる。豊富な実務経験に基づき、講演、執筆活動の依頼も多い
小山 博章 (コヤマ ヒロアキ)  
第一芙蓉法律事務所。慶應義塾大学大学院法務研究科修了。経営法曹会議会員、第一東京弁護士会労働法制委員会基礎研究部会副部会長、日本労働法学会会員。経営者側労働法専門弁護士で、労働審判・仮処分・労働訴訟の係争案件対応、団体交渉対応、人事労務に関する相談等を得意分野とする。ハラスメント研修などの管理職研修、従業員研修や、セミナーも数多く担当している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)