• 本

奈良の寺々 古建築の見かた

読みなおす日本史

出版社名 吉川弘文館
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-642-07109-3
4-642-07109-1
税込価格 2,420円
頁数・縦 175,6P 19cm

商品内容

要旨

絵画や彫刻と異なり実用性も要求される建築は、基本的な知識がないと美や良さを理解するのが難しい。奈良の古寺を題材に、基礎用語と建物の構造をやさしく解説した、鑑賞のための入門書。便利な建築用語索引を付す。

目次

1 法隆寺(創立と再建の歴史
七堂伽藍 ほか)
2 薬師寺(歴史と今日の姿
東塔 ほか)
3 唐招提寺(歴史と伽藍配置
金堂 ほか)
4 興福寺(歴史と伽藍配置
北円堂と三重塔 ほか)
5 東大寺(歴史
南大門と大仏殿 ほか)

おすすめコメント

絵画や彫刻と異なり実用性も要求される建築は、基本的な知識がないと美や良さを理解するのが難しい。奈良の古寺を題材に、基礎用語と建物の構造をやさしく解説した、鑑賞のための入門書。便利な建築用語索引を付す。

著者紹介

太田 博太郎 (オオタ ヒロタロウ)  
1912年東京生まれ。1935年東京帝国大学工学部建築学科卒業。東京大学助教授・教授、東京大学名誉教授、武蔵野美術大学教授、九州芸術工科大学学長、武蔵学園長を歴任、日本学士院会員。2007年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)