• 本

非公開株式譲渡の法務・税務

第6版

出版社名 中央経済社
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-502-32291-4
4-502-32291-1
税込価格 5,720円
頁数・縦 622P 22cm
シリーズ名 非公開株式譲渡の法務・税務

商品内容

要旨

日本経済を支える中小企業の事業承継問題が、注目を集めています。相続の税金に関する制度面の見直しも進んでいますが、本書では、事業承継の要である譲渡制限株式の取扱いについて、法務・税務の両面から光を当てています。最新の情報に準拠しながら、従来の制度の斬新な活用を提言していますが、執筆に当たってはわかりやすい図表を多用するなど、オリジナリティーあふれる一冊となっています。

目次

1 法務編(本書の見取り図
中小企業の株式問題
自社株の売買方法
株式の売買価格
譲渡等承認請求の設例と記入例
納税猶予・民法改正等の影響)
2 税務編(注目される「時価」の周辺
基本―税法による「時価」の相違と当事者による「時価」の相違
応用―旧来の判例等から「時価」を探る
各論―借地権・営業権(のれん)・医療法人
発展―「時価」はどう評価すべきか
円滑化法における2つの「時価」
「原則評価か特例評価のどちらで評価すべきか?」という「よくある質問」からの入門アプローチ
再審裁判例検討「一物二価」の紐解き)

著者紹介

牧口 晴一 (マキグチ セイイチ)  
昭和28年生まれ、慶應義塾大学卒業。昭和59年税理士試験5科目合格。名古屋大学大学院法学研究科博士課程(前期課程)修了。修士(法学)。税理士。牧口会計事務所所長、株式会社マネジメントプラン代表取締役社長
齋藤 孝一 (サイトウ コウイチ)  
昭和24年生まれ、早稲田大学卒業。平成2年税理士試験5科目合格。名古屋大学大学院法学研究科博士課程(後期課程)単位取得。名古屋商科大学大学院専任教授、法学博士、税理士、中小企業診断士、CFP、日本公認会計士協会準会員。ミッドランド税理士法人理事長、株式会社マックコンサルタンツ代表取締役社長兼会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)