• 本

原子力時代における哲学

犀の教室Liberal Arts Lab

出版社名 晶文社
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-7949-7039-8
4-7949-7039-0
税込価格 1,980円
頁数・縦 317P 19cm

商品内容

要旨

3.11で原子力の平和利用神話は崩れた。人間の叡智は原子力に抗し得なかった。哲学もまた然り。しかし、哲学者でただ一人、原子力の本質的な危険性を早くから指摘していた人物がいる。それがマルティン・ハイデッガー。並み居る知職人たちが原子力の平和利用に傾いていくなかで、なぜハイデッガーだけが原子力の危険性を指摘できたのか。その洞察の秘密はどこにあったのか。ハイデッガーの知られざるテキスト「放下」を軸に、ハンナ・アレントからギリシャ哲学まで、壮大なスケールで展開される、技術と自然をめぐる哲学講義録。3.11に対する哲学からの根源的な返答がここに。

目次

第1講 一九五〇年代の思想(原子力を考察した二人の思想家
核技術を巡る一九五〇年代の日本と世界の動き
ハイデッガーと一九五〇年代の思想)
第2講 ハイデッガーの技術論(技術と自然
フュシスと哲学)
第3講 『放下』を読む(「放下」
「放下の所在究明に向かって」)
第4講 原子力信仰とナルシシズム(復習―ハイデッガー『放下』
贈与、外部、媒介
贈与を受けない生
結論に代えて)
付録 ハイデッガーのいくつかの対話篇について―意志、放下、中動態

著者紹介

國分 功一郎 (コクブン コウイチロウ)  
1974年、千葉県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。高崎経済大学を経て、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。専門は哲学・現代思想。『暇と退屈の倫理学』で第2回紀伊國屋じんぶん大賞、『中動態の世界』で第16回小林秀雄賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)