• 本

民主主義は終わるのか 瀬戸際に立つ日本

岩波新書 新赤版 1800

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-00-431800-2
4-00-431800-9
税込価格 924円
頁数・縦 242P 18cm

商品内容

要旨

政府与党の権力が強大化し、政権の暴走が続いている。政治家や官僚は劣化し、従来の政治の常識が次々と覆されている。対する野党の力は弱い。国会も役割を見失ったままだ。市民社会では自由や多様性への抑圧も強まり、市民には政治からの逃避現象が見られる。内側から崩れゆく日本の民主主義をいかにして立て直すのか。

目次

第1章 瀬戸際に立つ民主主義
第2章 集中し暴走する権力
第3章 分裂し迷走する野党
第4章 民主主義の土台を崩した市場主義
第5章 個人の抑圧、崩れゆく自由
第6章 「戦後」はこのまま終わるのか
終章 民主主義を終わらせないために―五つの提言

おすすめコメント

政府与党が強大化し、政権の暴走が続いている。政治家や官僚は劣化し、従来の政治の常識が次々と覆されている。対する野党の力は弱く、国会も役割を見失ったままだ。市民的自由への抑圧も強まっている。なぜ日本政治はここまで堕ちてしまったのか。内側から崩れゆく日本の民主主義を立て直す道はどこにあるのか。警世の書。

著者紹介

山口 二郎 (ヤマグチ ジロウ)  
1958年岡山市生まれ。東京大学法学部卒業。北海道大学法学部教授を経て、法政大学法学部教授。専攻は行政学・政治学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)