• 本

不思議で面白い陸戦兵器 極限を追求する特殊な世界

出版社名 並木書房
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-89063-390-6
4-89063-390-1
税込価格 1,760円
頁数・縦 251P 19cm

商品内容

要旨

戦車が射撃しても車内に煙が充満しないのはなぜ?戦車と戦闘車の違いは?初めてエアコンのついた日本の戦車は?火砲の強力な反動を抑える特殊な仕組みとは?戦車のエンジンの最高出力は乗用車に換算すると四分の一?爆薬は火の中に入れても爆発しない?射撃訓練を重ねると小銃弾の飛翔が見えてくる?元陸上自衛隊武器学校長が兵器の特異なテクノロジーをわかりやすく解説!

目次

第1章 戦車のメカニズム
第2章 軍用車両のメカニズム
第3章 火砲のメカニズム
第4章 弾薬のメカニズム
第5章 照準装置のメカニズム
第6章 対戦車誘導弾のメカニズム
第7章 地対空/地対艦誘導弾のメカニズム
第8章 装甲と防禦のメカニズム

著者紹介

市川 文一 (イチカワ フミカズ)  
1961年長野県生まれ。1983年防衛大学校卒業(27期)、陸上自衛隊入隊。武器科職種の幹部として、第10武器隊、武器学校などで勤務。陸上幕僚監部人事部補任課人事第1班、防衛部防衛課防衛班などで勤務。第13後方支援隊長、統合幕僚監部人事室長、装備施設本部武器課長、陸上幕僚監部武器化学課長、東北方面後方支援隊長、愛知地方協力本部長を歴任。2015年陸将補。陸上自衛隊武器学校長を最後に2017年8月退官(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)