• 本

「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-04-107236-3
4-04-107236-0
税込価格 1,540円
頁数・縦 261P 19cm

商品内容

要旨

84歳の今も、私は「現在進行形」。人生のお手本にしたい!『魔女の宅急便』を生んだ優しさとユーモアにあふれる日々。キセキの作家、待望のエッセイ集!

目次

第1章 父母娘
第2章 魔女
第3章 旅
第4章 なつかしい日々
第5章 本とことば
「2018年国際アンデルセン賞作家賞」受賞スピーチ

おすすめコメント

人生は常に現在進行形! 84歳のおしゃれ魔女の魅力がいっぱい!60年前、地球の裏側に船で旅立った。50年前、作家デビュー。35年前、国民的名作『魔女の宅急便』を生みだし、1年前、国際的な文学賞を受賞! キセキの魔女の魅力がぎゅっと詰まった、待望のエッセイ集!

著者紹介

角野 栄子 (カドノ エイコ)  
東京・深川生まれ。大学卒業後、出版社勤務を経て24歳からブラジルに2年滞在。その体験をもとに描いた『ルイジンニョ少年 ブラジルをたずねて』で、1970年作家デビュー。代表作『魔女の宅急便』は舞台化、アニメーション・実写映画化された。産経児童出版文化賞、野間児童文芸賞、小学館文学賞等受賞多数。紫綬褒章、旭日小綬章を受章。2016年『トンネルの森 1945』で産経児童出版文化賞ニッポン放送賞、18年3月に児童文学の「小さなノーベル賞」といわれる国際アンデルセン賞作家賞を、日本人3人目として受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)