• 本

属国日本論 2つの帝国の狭間で Born on the Planet of the Apes

決定版

出版社名 PHPエディターズ・グループ
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-569-84382-7
4-569-84382-4
税込価格 1,980円
頁数・縦 361P 20cm
シリーズ名 属国・日本論

商品内容

要旨

日本はアメリカの属国である!1997年の初版以来、著者が一貫して主張し、論戦を展開してきた「属国日本論」。自らの「主著」に大幅加筆した、渾身の一冊!

目次

第1部 属国日本論 日本の本当の姿(属国日本を検証する
補論 CIAからの自民党への資金援助問題
なぜ佐藤栄作元首相はノーベル平和賞を受賞したのか)
第2部 世界覇権国アメリカ(アメリカの世界政策とシンクタンクの実態
世界を管理するグローバリスト官僚たち)
第3部 属国日本の近代史(幕末・明治期編
敗戦まで)

おすすめコメント

「日本はアメリカの属国である!」と日本人として初めて論証し、保守派言論人から忌み嫌われた著者の主著をアップデートして復刊。

著者紹介

副島 隆彦 (ソエジマ タカヒコ)  
1953年5月1日、福岡市生まれ。早稲田大学法学部卒業。銀行員、代々木ゼミナール講師、常葉学園大学教授を歴任。政治思想、法制度論、経済分析、社会時事評論などの分野で、評論家として活動。副島国家戦略研究所(SNSI)主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)