• 本

地図でみる世界の地域格差 OECD地域指標 2018年版 都市集中と地域発展の国際比較

出版社名 明石書店
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-7503-4900-8
4-7503-4900-3
税込価格 5,940円
頁数・縦 174P 26cm
シリーズ名 地図でみる世界の地域格差

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

本書は、地域や都市が、より強い経済、人々のより良い暮らし、より包摂的な社会に向けて、どの程度進歩しつつあるのかを示す。本書は、地域や大都市圏における経済成長、生産性、起業家精神の差異に関する包括的な状態に関する情報を提供する。そして、ジェンダー格差の縮小に向けたあゆみを含め、国内および国家間の人々の幸福度の地域差についても検証している。2018年版では、国内における地域間格差と今世紀に入って以降のその変化を計測するため、40以上の地域別指標を新しいものに更新した。本書はOECD加盟国をすべて網羅しているだけでなく、データが利用可能な場合にはブラジル、中国、コロンビア、インド、ラトビア、リトアニア、ロシア連邦、南アフリカも含んでいる。2018年版で新たに取り上げる点は以下のとおりである。「OECD地域に関して作成された新たな指標に基づく移民の統合の評価」「開業、廃業及びそれに伴う雇用変動に関する新たな指標による地域における起業の動向」「大都市圏とその近隣における社会経済的状況、不平等、貧困の評価」。

目次

はじめに:地域と都市―より確かな生産性と幸福度の可能性を手にする
第1部 国の競争力の原動力としての地域
第2部 幸福度の地域差
第3部 人口動態と地域における包摂
第4部 都市と国民経済
第5部 地方政府の財政と投資
付録A 地域と機能的都市地域の定義
付録B 出所とデータ記述
付録C 指標と推計方法
付録D 地方政府の財政