• 本

怪盗探偵山猫 深紅の虎

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-04-108739-8
4-04-108739-2
税込価格 1,430円
頁数・縦 333P 19cm

商品内容

要旨

下北沢にあるバー“STRAY CAT”に出入りする雑誌記者の勝村は、希代の窃盗犯“山猫”の指示で、大手通信会社のシステム開発を担う中堅企業・ビルドに侵入した。だが、現場に残したはずの犯行声明が消え、勝村も何者かに拉致される。勝村と旧知の仲だった刑事のさくらは、彼が山猫と結託していたことを知りショックを受ける。監禁された勝村を救いに来た山猫は銃弾に倒れ、現場に仕掛けられた爆弾が爆発した―!彼らは正反対の信念を胸に袂を分かち、光と影は反転した―。痛快ピカレスク・アクション・ミステリー!絶体絶命の危機が山猫に襲いかかる、シリーズ最終巻!

おすすめコメント

神出鬼没の怪盗・山猫、再び! 大人気シリーズ完結編稀代の窃盗犯山猫と雑誌記者の勝村はシステム会社ビルドに侵入した。だが、現場に残したはずの犯行声明が消え、勝村も拉致される。深紅の虎と名乗る男が山猫を付け狙い――? 絶体絶命の危機を迎えるシリーズ最終巻

著者紹介

神永 学 (カミナガ マナブ)  
1974年山梨県生まれ。2004年『心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている』でプロデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)