• 本

ちゃんとわかる消費税

河出文庫 さ23−3

出版社名 河出書房新社
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-309-41710-3
4-309-41710-8
税込価格 880円
頁数・縦 207P 15cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

政治家の嘘、黙り込みを決めたマスコミ、増税を活用する大企業によって隠された消費税の恐るべき真実。導入から現在まで、その経緯と税の仕組みを一からわかりやすく解きほぐし、日本社会を「弱者切り捨て」へと向かわせ、新たに「監視社会」に導く可能性をも秘めた消費税の危険性を暴き出す。文庫化にあたり、武田砂鉄氏との対談を収録。消費税論の決定版。

目次

第1章 平等な税ではありません
第2章 消費税のしくみ
第3章 滞納される消費税
第4章 消費税増税を喜ぶ人たち
第5章 消費税と政治家のウソ
第6章 見捨てられていく弱者
第7章 なぜマスコミは黙りこむのか
対談 消費税が今も問題なのはどうしてか?

おすすめコメント

すべての人に等しく課せられるかに見える消費税の裏側とは? 政治家のウソ、黙るマスコミ、増税を渇望する大企業、増える滞納額……その仕組みと問題点をわかりやすく解説する決定版。

著者紹介

斎藤 貴男 (サイトウ タカオ)  
1958年生まれ。ジャーナリスト。早稲田大学商学部卒業。英国バーミンガム大学修士(国際学MA)。新聞記者、週刊誌記者を経てフリーに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)