• 本

かくしてモスクワの夜はつくられ、ジャズはトルコにもたらされた 二つの帝国を渡り歩いた黒人興行師フレデリックの生涯

出版社名 白水社
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-560-09722-9
4-560-09722-4
税込価格 4,620円
頁数・縦 323,43P 19cm

商品内容

要旨

厳酷な黒人差別社会に見切りをつけたミシシッピ生まれのフレデリックは、海を越えて旧大陸へ渡り、帝政時代のモスクワでアメリカン・ドリームを掴むのだが…ロシア文学の碩学による、まるで物語のような歴史ノンフィクション。アメリカ南部の社会、爛熟する帝政末期のモスクワの夜、そして、第一次世界大戦とロシア革命の勃発―激動の時代を背景に描かれる、不屈な男の、凄まじくも痛快で爽快な魂の遍歴。

目次

プロローグ 生きるか死ぬか
1 南部のなかの南部
2 フレデリックの修業時代
3 モスクワにまさるものなし
4 最初の富
5 ロシア人になる
6 喪失と逃走
7 コンスタンティノープルでの再起
8 アメリカ市民権を求めて
9 ジャズのスルタン
エピローグ 死者と生者

おすすめコメント

アメリカン・ドリームをモスクワで叶えた黒人フレデリック。ナイトクラブの興行で巨万の富を築いた彼を革命が襲う――その栄光と破滅

著者紹介

アレクサンドロフ,ウラジーミル (アレクサンドロフ,ウラジーミル)   Alexandrov,Vladimir
亡命ロシア人二世としてニューヨークに育つ。プリンストン大学で比較文学の博士号を取得。ハーヴァード大学を経て、イェール大学スラヴ語・スラヴ文学学科教授として長年ロシア文学を教えてきた。アメリカにおけるロシア文学研究の第一人者として知られる
竹田 円 (タケダ マドカ)  
東京大学大学院人文社会系研究科修士課程修了。スラヴ文学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)