• 本

みだらな保母さん 長編小説 新装版

竹書房文庫 く2−11

出版社名 竹書房
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-8019-2016-3
4-8019-2016-0
税込価格 726円
頁数・縦 297P 15cm
シリーズ名 みだらな保母さん

商品内容

要旨

二十歳の童貞・森野龍之介は、叔母の有希子が園長を務める保育園でバイトを始めた。ある日、龍之介はバスルームで自慰に耽る叔母を偶然発見。清楚な叔母に憧れていた龍之介は、つい覗き続けてしまう。だが、園で働く保母さん・武内奈実に見つかり、覗き行為を黙っていてほしければ、自分の言うことをきけと命じられる。しかたなく了承すると、奈実は淫らな悪戯を次々と龍之介に仕掛けてきて…!?可愛い顔してエロすぎる保母さん・奈実、清楚な顔の裏に淫乱な本性を隠している園長・有希子…龍之介の超刺激的な日々が始まった!

おすすめコメント

バイト先はエロ過ぎな保母さんから艶めく叔母の園長まで、名作性春エロス新装版。

著者紹介

草凪 優 (クサナギ ユウ)  
1967年、東京都生まれ。日本大学芸術学部中退。シナリオライターを経て、2004年に『ふしだら天使』(双葉社)で官能小説家としてデビュー。2010年に『どうしようもない恋の唄』(祥伝社)、『おいしい人妻』(竹書房)で、「この官能文庫がすごい!」大賞・金賞をダブル受賞する快挙を達成。現在の官能小説界でトップを走る作家である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)