• 本

誰が科学を殺すのか 科学技術立国「崩壊」の衝撃

出版社名 毎日新聞出版
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-620-32607-8
4-620-32607-0
税込価格 1,650円
頁数・縦 269P 19cm

商品内容

要旨

「平成の国力衰退」をもたらした科学政策「大改悪」の驚くべき真実をあばく!政治、経営、そして科学の現場からの報告。

目次

第1章 企業の「失われた三〇年」(「産みの親」東芝はなぜ敗北したか
グーグルになれなかったNEC ほか)
第2章 「選択と集中」でゆがむ大学(内閣府主導プロジェクトで「やらせ公募」
膨張する内閣府の集中投資 ほか)
第3章 「改革病」の源流を探る(「科学技術族」長老の嘆き
「選択と集中」路線の始まり ほか)
第4章 海外の潮流(中国の巨大電波望遠鏡「天眼」
「破格の待遇」で研究者引き抜き ほか)

おすすめコメント

イノベーション不足、研究力の低下……「科学技術立国ニッポン」はなぜ幻と消えたのか?国力低下の真因を探る渾身のノンフィクション。