• 本

吉田豪のレジェンド漫画家列伝

出版社名 白夜書房
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-86494-254-6
4-86494-254-4
税込価格 1,980円
頁数・縦 287P 21cm

商品内容

要旨

世界に誇る漫画文化の立役者たちに吉田豪が迫る!時代を超えて愛されるキャラクター、ストーリーを生み出した、レジェンド漫画家たちの13通りの「まんが道」。

目次

バロン吉元―漫画を描くのも本気の遊びのひとつ真剣にやらないとおもしろくない!
平松伸二―漫画の中で悪さをやってるので私生活は平凡な人生を歩んでます
寺沢武一―俺の話は90%近くが嘘 今話したことも半分以上が嘘だね
ちばてつや―力石が死んだあとは苦しくってね 毎回吐くことを想像しながら描いてて
一峰大二―梶原一騎さんと真樹日佐夫さんには足向けて寝られないよね
小林まこと―俺は多分サボるタイプなんで漫画の内容で悩んだことがないんです
えびはら武司―僕が藤子スタジオに入る前はお茶くみの子がアシスタントでした
日野日出志―俺は博打打ちのせがれだから漫画に人生を賭ける決心をした
のむらしんぼ―まいっか、みたいになるんですよ最後は酒を飲んで酔ったもの勝ち
谷村ひとし―70年代は『マガジン』で80年代は『ジャンプ』90年代にパチンコを知って大満足ですよ
弘兼憲史―失敗する前に失敗したときのことを考えたら漫画家にはなっていない
武論尊―俺は本宮ひろ志の精神安定剤みたいな位置だったから自然と漫画の作り方を覚えたのかもしれない
魔夜峰央―『翔んで埼玉』を読み返したとき「こんなこと描いていいの?」って思いましたから

おすすめコメント

世界に誇る漫画文化の立役者たちにプロインタビュアー吉田豪が迫る!月刊誌『BUBKA(ブブカ)』の目玉連載ページがついに一冊の本に。日本が世界に誇る文化の一つである「漫画」。漫画というコンテンツを通じて活躍してきたレジェンド漫画家たちの創作人生に、プロインタビュアー・吉田豪が迫ります。名作誕生の裏で起きていた、当時の読者の想像を遥かに超えたエピソードの数々。時代を超えて愛されるキャラクターやストーリーを生み出したパイオニアたちの「13通りのまんが道」がここに。連載に登場した漫画家陣の他にも、特別収録として、武論尊、魔夜峰央のインタビューも掲載。【登場漫画家ラインナップ】※掲載順バロン吉元「漫画を描くのも本気の遊びのひとつ 真剣にやらないとおもしろくない!」平松伸二「漫画の中で悪さをやってるので 私生活は平凡な人生を歩んでます」寺沢武一「俺の話は90%近くが嘘 今話したことも半分以上が嘘だね」ちばてつや「力石が死んだあとは苦しくってね 毎回吐くことを想像しながら描いてて」一峰大二「梶原一騎さんと真樹日佐夫さんには 足向けて寝られないよね」小林まこと「俺は多分サボるタイプなんで 漫画の内容で悩んだことがないんです」えびはら武司「僕が藤子スタジオに入る前は お茶くみの子がアシスタントでした」日野日出志「俺は博打打ちのせがれだから 漫画に人生を賭ける決心をした」のむらしんぼ「まいっか、みたいになるんですよ 最後は酒を飲んで酔ったもの勝ち」谷村ひとし「70年代は『マガジン』で80年代は『ジャンプ』 90年代にパチンコを知って大満足ですよ」弘兼憲史「失敗する前に失敗したときのことを考えたら 漫画家にはなっていない」武論尊「俺は本宮ひろ志の精神安定剤みたいな位置だったから 自然と漫画の作り方を覚えたのかもしれない」魔夜峰央「『翔んで埼玉』を読み返したとき こんなこと描いていいの?って思いましたから」

著者紹介

吉田 豪 (ヨシダ ゴウ)  
1970年、東京都生まれ。プロインタビュアー/プロ書評家/コラムニスト。編集プロダクションを経て『紙のプロレス』編集部に参加。そこでのインタビュー記事などが評判となり多方面で執筆を開始する。現在、雑誌・新聞に多数の連載を抱えるほか、テレビ・ラジオ・ネットなど様々なメディアに活躍の場を広げている。今までに格闘家、プロレスラー、アイドル、芸能人、政治家と、その取材対象は多岐にわたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)