• 本

一帯一路の政治経済学 中国は新たなフロンティアを創出するか

出版社名 文眞堂
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-8309-5046-9
4-8309-5046-3
税込価格 3,740円
頁数・縦 254P 21cm

商品内容

要旨

中国の提唱する「一帯一路」構想は参加国が70を超え、マレーシアは中止プロジェクトを再開し、EUからはイタリアが参加を決めた。だが「債務の罠」など強い批判もある。壮大な「一帯一路」構想の全体像を、ASEAN、南アジア、欧州、アフリカなどの沿線国の現状、課題を含めて総合的に把握する。新たなフロンティアであるインド太平洋構想も考察。

目次

第1部 「一帯一路」構想とその意義(「一帯一路」構想とアジア経済―新たなフロンティアとその課題
中国の対外経済戦略と「一帯一路」構想
「一帯一路」構想で進展するアジア・ユーラシアの物流
「一帯一路」構想を巡るファイナンス)
第2部 「一帯一路」構想と世界(「一帯一路」構想とASEAN連結性―ASEANとしての取り組みと中国への期待
ASEANにおける「一帯一路」構想の現況と課題
「一帯一路」構想と南アジア
「一帯一路」構想と欧州―中国への警戒感と今後の行方
「一帯一路」構想とアフリカ
自由で開かれたインド太平洋構想―その意義、内容、課題)

著者紹介

平川 均 (ヒラカワ ヒトシ)  
浙江越秀外国語学院東方言語学院・特任教授、国士舘大学・客員教授
真家 陽一 (マイエ ヨウイチ)  
名古屋外国語大学外国語学部中国語学科・教授、日立総合計画研究所・リサーチフェロー
町田 一兵 (マチダ イッペイ)  
明治大学商学部・准教授
石川 幸一 (イシカワ コウイチ)  
亜細亜大学アジア研究所・特別研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)