• 本

消費税の会計処理と法人税務申告調整パーフェクトガイド

新版

出版社名 清文社
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-433-61819-3
4-433-61819-5
税込価格 2,640円
頁数・縦 284P 21cm
シリーズ名 消費税の会計処理と法人税務申告調整パーフェクトガイド

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

消費税複数税率に対応した法人税申告実務はどうなる!?収益認識会計基準の影響についても解説。税務相談事例をもとに、実用性の高いQ&Aを掲載。

目次

第1章 消費税の基本的仕組み(消費税の性格と基本的な流れ
課税事業者と免税事業者の区分の仕組み ほか)
第2章 消費税の会計処理(課税・免税の5つのパターン
各パターン共通事項 ほか)
第3章 消費税の法人税における取扱いと申告調整(法人税と消費税の関係
各パターン共通事項 ほか)
第4章 ケース・スタディQ&A(税込方式と税抜方式での課税所得の相違
仕入税額控除における個別対応方式の3区分の方法 ほか)
第5章 設例に基づく会計処理と消費税・法人税申告書への記載(パターン2(税抜方式)で、控除対象外消費税額等を決算で正確に見積り、租税公課として計上した場合
パターン2(税抜方式)で、控除対象外消費税額等について重要性がないため決算上無視した場合 ほか)
参考資料

著者紹介

鶴田 泰三 (ツルタ タイゾウ)  
公認会計士・税理士。昭和38年東京都生まれ、昭和63年早稲田大学商学部卒業。同年公認会計士2次試験合格後、太田昭和監査法人(現、EY新日本有限責任監査法人)入所。大手製造業及びその子会社、公益法人の監査業務、株式公開支援業務に主に従事。平成4年公認会計士登録、平成7年公認会計士・税理士鶴田雄一事務所入所、税理士登録日本公認会計士協会東京会税務委員会委員長、公認会計士補習所修了考査出題委員(税実務担当)、日本公認会計士協会租税調査会研修サポート専門部会長などを歴任。現在、鶴田公認会計士・税理士事務所代表、平成30年及び令和元年税理士試験試験委員、東京税理士会会員相談室相談委員、日本税務会計学会会計部門委員、日本公認会計士協会租税調査会租税政策検討専門部会委員。上場会社及び上場会社子会社、中堅中小企業、各種非営利法人の会計・税務業務に主に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)